安永 悟 研究室へようこそ!の変更点

//   '''謹 賀 新 年'''   
//
// 祥雲靉天、新しい年が飛躍の一年になりますことを
// お祈り申し上げます。本年もよろしくお願いします。
//
//                2019年 '''元旦'''
//

//!!お見舞い
//  今回の熊本地震で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りする
// とともに、ご遺族の皆さまに衷心よりお悔やみ申し上げます。
// また、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
//  地震の一日も早い終息と、復旧・復興をお祈り申し上げます。
//
!!イベント情報

 '''「授業づくり研究会」''''''「協同教育フェスタ」'''のHPを移動しました。
 
  ''詳細・申し込みは'' [協同教育研究所「結風」|http://yuikaji.me/wiki.cgi] ''から''
               ↑
             クリックで移動

//* 次回は 2018年7月21日(土)10時から「協同教育フェスタ」を開催します。
//  場所は学生会館ミーティングルーム3です。
* 次回は 2018年12月8日(土)13時から「授業づくり研究会」を開催します。
* 次回は 2019年5月18日(土)13時から「授業づくり研究会」を開催します。
  場所は学生会館ミーティングルーム3です。
// * 2017年の研究会の日程が決まりました。


!!新着情報

//*野田春美ら 『グループワークで日本語表現力アップ』ひつじ書房 2016
//*蘭千寿・高橋知己 『創発学級のすすめ』ナカニシヤ出版 2016
//*原田信之 『ドイツの協同学習と汎用的能力の育成』あいり出版 2016
//*坂東実子 『大学生のための文章表現練習帳』国書刊行会 2016
//*関田一彦・渡辺貴裕・仲道雅輝 『教育評価とのつきあい方』さくら社 2016
//*関田一彦・山めぐみ・上田誠司 授業に生かすマインドマップ:アクティブラーニングを深めるパワフルツール ナカニシヤ出版 2016

//*池西靜江・石束佳子 『看護教育へようこそ』医学書院 2015
//*大分県立大分上野丘高等学校 『平成26年度 スーパーグローバルハイスクール(SGH)課題研究レポート集 第1年次』2015
//*熊本県立大学 『地域力を生む自律的職業人育成プロジェクト2014:体系的な学修評価体制の整備に向けて 平成26年度 取組報告書』 2015 
//*国立教育政策研究所 『教員養成等の改善に関する調査研究(全体版)報告書.平成25〜26年度プロジェクト研究報告書』2015
//*国立教育政策研究所 『教員養成教育における教育改善の取組に関する調査研究ーアクティブ・ラーニングに着目してー.平成25〜26年度プロジェクト研究報告書』2015
//*看護教育(医学書院)4月号「本当に伸ばすためのコミュニケーション教育」
//*看護教育(医学書院)3月号「コースポートフォリオで授業改善」
//*人間関係研究 2015 第14号 特集:グループの可能性と広がり 南山大学・人間関係研究センター
//*藤田 文 『遊び場面における幼児の仲間との関係調整の発達:交代制ルールの産出とその主導者を中心に』風間書房 2015
//*蘭千壽・越良子 『ネットワーク論からみる新しい学級経営』ナカニシヤ出版 2015
//*成田秀夫・大島弥生・中村博幸 『大学生の日本語リテラシーをいかに高めるか』ひつじ書房 2015
//*松下佳代 『ディープ・アクティブラーニング』 東信堂 2015

//*釘原直樹 『スケープゴーティング:誰が、なぜ「やり玉」にあげられるのか』有斐閣 2014
//*主体的学び 2号 特集「反転授業がすべてを解決するのか」 主体的学び研究所,  2014
//*主体的学び 創刊号 特集「パラダイム転換」 主体的学び研究所, 2014
//*スティーブンス・レビ 『大学教員のためのルーブリック評価入門』(井上・俣野、訳)玉川大学出版部 2014
//*安永悟・須藤文 『LTD話し合い学習法』 ナカニシヤ出版 2014
//*鹿内信善 『見ることを楽しみ書くことを喜ぶ協同学習の新しいかたち:看図作文レパートリー』 ナカニシヤ出版 2014
//*溝上慎一 『アクティブラーニングと教授学習パラダイムの転換』 ナカニシヤ出版 2014

//*Young, S. F., & Wilson, R. J. (2013) 「主体的学び」につなげる評価と学習法:カナダで実践されるICEモデル. 土持ゲーリー法一(監訳)小野恵子(訳), 東信堂. 
----
//★下記の「images:●●」は「images」ページに添付した画像を意味しています。
//★画像のサイズを変更する場合は「width」の数値を変更してください。
//{{img images:LTD_cover3.jpg,"style='width:20%;'"}}